フリーダイヤル 0120-51-8148 電話番号 052-771-3101
〒465-0095 愛知県 名古屋市 名東区 高社1-207
名古屋市営地下鉄 東山線「一社駅」下車 徒歩 3分

名古屋市名東区の歯科 愛健歯科医院 「最愛の人に受けさせたい歯科医療」を実践する歯医者です。

レーザー治療

レーザー治療
 
愛健歯科医院ブログ
愛健歯科医院フェイスブック
東京医科歯科大学息さわやか外来より川口陽子教授をお招きして院内講演実施しました 詳しくはこちら
Mobile Site

診療予約はこちらから epark

HOME»  レーザー治療

レーザー治療

炭酸ガスレーザー

当院では、安全性に優れた炭酸ガスレーザーを使用しております。
虫歯予防、虫歯治療、知覚過敏(歯がしみる)、外科処置後の出血防止まで幅広く活用しています。

新しく高性能の炭酸レーザーを導入致しました。

炭酸ガスレーザー

1.虫歯予防
レーザー治療

レーザーを使用することで、歯の質は強化され、それだけで虫歯になりにくくなります。
虫歯予防のために、歯にフッ素を塗る方法はよく知られています。
より高い虫歯予防効果のために、当院ではレーザーとフッ素塗布を併用しています。
併用した場合、歯の質は強化され、フッ素の吸収率が約2倍になります。

歯の溝に、予防的に詰め物をするシーラントという処置があります。
その処置の際、レーザーを歯の溝に照射することで、歯の質は強化され、同時にシーラントの接着性が向上します。
歯の溝は複雑に入り組んでいるため、たまってしまった食べかすなどを、歯ブラシだけで取り除くのは難しいものです。
その場所に虫歯菌が繁殖し、虫歯の原因となります。
レーザーは、そのような場所にも届くので、熱エネルギーの消毒作用により虫歯菌をやっつけます。

2.軽度の虫歯の治療

虫歯の程度によってはレーザー治療のみで虫歯の進行を止めたり、虫歯にやられてしまった部分を除去することもできます。

3.知覚過敏
レーザー治療

水を飲んだり、歯ブラシを当てると歯がしみるといった症状はありませんか?
その原因として知覚過敏が考えられます。
知覚過敏は、象牙細管という歯の神経につながる部分に孔が開いてしまって神経が刺激されることによって起こります。

このような場合、レーザーを照射し、孔をふさぎ、歯の神経を保護することによって、痛みや歯がしみる症状を防ぐことができます。

4.深い虫歯

深い虫歯でもあまり痛みがない場合があります。
そのような場合、レーザー照射により、

  • 治療後の知覚過敏発生が少なくなる。
  • 無菌化されるので、予後が良好になる。

といった効果が得られます。
結果、歯の神経を残せる確率も高くなっています。

  • 歯は神経を取ってしまうともろくなり、変色することもあります。
    当院では、できる限り神経を残す方向で診療をすすめています。
5.歯を抜いた後

歯を抜いた後、その部位にレーザー照射をします。
すると、照射した部分が瞬間的に高温になり、毛細血管の凝固がおこります。
その結果、出血を少なくし腫れを抑えることができます。

6.歯周病治療

歯周病とは歯を支えている組織に起こる病気の総称です。
歯周病のことをシソーノーローとよぶこともあります。
歯ぐきから血が出たり、口臭がひどくなったりします。
放置しておくと、歯茎が下がってきて、やがて歯が抜けてしまいます。
当院では、ブラッシング指導、歯石除去などと並行して、歯周病治療にもレーザーを活用しています。
レーザーを照射することにより、原因となる歯周病菌を殺菌し、出血痛みを抑え、治癒を早めます。

7.メラニン除去

メラニンという色素により、歯ぐきが黒くなることがあります。
このような時、レーザーはこの黒ずみを極めて短時間で除去します。
数日後には元のきれいなピンク色に戻ります。

  • 術前
    術前
  • 術後
    術後
PAGE TOP